赤ちゃんにとって排便というのはちょっとした試練

赤ちゃんにとって排便というのはちょっとした試練なのかもしれません。赤ちゃんは生後2ヶ月ごろから初めての便秘になったりします。

生後2ヶ月というと、まだ母乳やミルクといった「飲み物」しか口にしていないのですが、意外にもこの時期に便秘をしてしまうことが多いのです。その理由はまだ赤ちゃんは腸が成長段階にあるからなのです。

成長段階にある腸は動きが弱く、便を送り出せないこともあります。この時期に2~3日程度の便秘であれば、まったく問題ないのであまりナーバスにならないようにしましょう。

また、赤ちゃんが便秘になりやすい時期として離乳食をはじめた時期もあげられます。
こちらはわかりやすいですが、固形食を赤ちゃんの腸がうまく消化できずに便秘になってしまうというパターンです。この時期の便秘としては、毎日排便していても硬い便が続いていたり、お腹に張りがみられる場合などは便秘になっているという場合もあります。排便頻度だけでなく、便の固さにも注意してあげる必要があります。

離乳食期の赤ちゃんは便は運動不足や水分不足などが原因で便秘になりやすくなったりします。
硬い便が続くと便秘になりやすくなるだけでなく、排便時に肛門が切れてしまったりもするので、便の固さはよくチェックしてあげるようにしましょう。

大人と同じく、適度な運動や水分補給が便秘解消のポイントとなってきます。

生後2ヶ月にせよ、離乳食期にせよ、赤ちゃんの便秘で問題となるのが、本人は何もしゃべってくれないということです。もし、腹痛やお腹の張りを訴えてくれればわかりやすいのですが、赤ちゃんは泣くことしかできません。いったいどの程度の便秘で病院に行けばよいのかということを判断するのも難しいところとなってきます。

一つポイントとなるのは赤ちゃんの様子です。2~3日程度便が出なくても、赤ちゃんが元気にしていれば様子見で大丈夫でしょう。ただ、赤ちゃんがぐったりしていたり、ミルクをいつも以上に嘔吐していたり、苦しそうにしている様子などがあればすぐに病院にいって医師の指示を仰いだほうがよくなります。赤ちゃんが便秘の場合に行く病院としては、特別な科目のある病院などではなくて、普段通院している産婦人科や小児科で問題ありません。

赤ちゃんの便秘というのは程度の差こそあれ、多くの赤ちゃんが通る道です。まずは便秘に対して赤ちゃんがどのような様子であるのか見てあげるということが大切です。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする