紅茶は風邪やインフルエンザの予防に効果あり!

冬真っ只中。寒くて乾燥するこの季節は風邪やインフルエンザになりやすいです。

あなたやあなたの身の周りの人も、すでに風邪やインフルエンザにかかってしまったかもしれませんね。風邪やインフルエンザは感染しやすいので、家族や会社の同僚や学校のクラスメートが一人でもひいていると、一気に感染することも少なくありません。風邪やインフルエンザにかかって周りに迷惑をかけないためにも、風邪やインフルエンザにかかった人からうつされないためにも、毎日の予防は大事です。

風邪やインフルエンザの予防で一番簡単で効果的なのが、紅茶です。紅茶にはポリフェノールの一種である“テアフラビン”が入っています。お茶に入っているポリフェノールでは、緑茶のカテキンが有名です。もしかしたら、あなたも聞いたことがあるかもしれません。テアフラビンはカテキンが発酵したものです。ですので、カテキン同様に殺菌、抗ウイルス作用があり、カテキンよりも殺菌、抗ウイルス作用が強力だとも言われています。

風邪やインフルエンザ対策で紅茶を飲む場合の飲み方は、ストレートで飲みましょう。ストレートが好きでない場合は、砂糖を入れて甘くしても大丈夫です。ただし、注意することがあります。ミルクは入れないでください。テアフラビンがミルクのタンパク質と反応してまうと殺菌、抗ウイルス作用が弱まってしまいます。確かにミルクティはおいしいですが、風邪やインフルエンザの予防で飲むのだとしたら、ミルクティにはせず、ストレートで飲みましょう。

また、紅茶うがいも効果的です。紅茶うがいのやり方は、80℃以上の熱湯で紅茶の茶葉を入れ、10分間抽出します。熱いお湯であるほど、テアフラビンが抽出されますので、可能な限り80℃以上のお湯で10分間抽出して、テアフラビンをたっぷりと抽出しましょう。後はそれを冷ましてから、いつものうがいと同じ様に紅茶でうがいしてください。紅茶うがいは1日2回、外から帰ってきた時や寝る前にやると効果的です。

紅茶は風邪のひき始めにも効果的です。喉が痛くなった時、紅茶を飲みましょう。この時、生姜とはちみつを入れて飲むと、非常に効果があります。生姜には体温を上げて免疫力を高める働きがあり、はちみつには咳を止めて喉の炎症を抑える作用があります。紅茶に生姜をすりおろして、はちみつを入れて飲むと、体がポカポカと温かくなり、喉の痛みが取れるので、効果的です。

紅茶は風邪やインフルエンザの予防、ひき始めに効果があります。冬は紅茶を飲んで、免疫力を高めて、乗り切りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする