スイカの90%ほどは水分ですが、美容によい成分も含んでいる

夏に食べたい果物がスイカです。

スイカの90%ほどは水分ですが、美容によい成分も含んでいるのです。スイカが持つ美容によい成分とは、リコピンとシトルリンです。リコピンはトマトにも含まれる成分で名前を聞いたことがある方もいると思います。リコピンは抗酸化作用がある成分です。

紫外線を浴びると活性酸素が発生して細胞が傷つき、シワやシミなどの老化につながります。リコピンは活性酸素から守って老化を防止します。赤い色素がリコピンなので、黄色スイカではなく赤色が濃いスイカを選びましょう。夏になるとむくみやすくなりませんか。

汗をかいて体内の水分が排泄されてむくみにくそうですが、湿度が高くうまく体内の水分を排泄できずむくむのです。むくんでいると体が重だるくなってしまいますよね。むくみの解消を手助けする成分がシトルリンです。シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種です。

キュウリなどウリ科の植物に含まれています。むくみは血流が悪くなることで起こりますが、血流をよくする働きがありたまっていた水分の排泄を促します。また、漢方ではウリ科の植物に利尿作用があるとしていて、スイカには利尿作用があります。とくに皮付近の白い部分に利尿作用があります。シトルリンは肌の保湿力を担う天然保湿因子を構成する成分でもあります。天然保湿因子を構成するアミノ酸には、グリシン、セリン、アラニンなどもありますが、構成成分の一つのシトルリンを摂取することで美肌作用が期待できます。

水分補給にも最適です。スイカの90%は水分です。たっぷりの水分を含んだスイカを食べれば、暑い夏に汗をたくさんかいて失われた水分を補うことができます。カリウムなどのビタミンやミネラルを含んでいるので、汗で失われたビタミンやミネラルを同時に摂取できます。体を冷やし過ぎるとお腹の調子が悪くなったり、冷え性の方は血流が悪くなってしまうので、スイカを食べるときは冷やし過ぎないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする