若かった頃に比べて便秘がちなことが多くなった人へ

40代になり、若かった頃に比べて便秘がちなことが多くなってきました。
その理由は生活習慣(食生活や運動不足など)が主な原因となっているそうですが、自分自身もかなり思い当たる事があるので、改善する事に努めました。
それと同時に今までは行く事がなかったクリニック(便秘の漢方薬を処方してくれる)へも行ってみる事にしました。
そこで指導された事を元に毎日実践している便秘解消方法のいくつかを紹介したいです。とても簡単なことばかりなので今日からも始められます。

便秘の改善を目指すには腸に習慣とリズムをつける必要がある。

便通は毎日だいたい同じ様な時間帯にリズム出るのが好ましく(例えば起きてから1時間以内出るとか、朝食後の出るとか、夕飯を食べてしばらくすると便意をもよおすとかざっくりで良いそうです)その為には腸にリズムをつけてあげる必要があるそうです。
ですから、リズムが出来上がるまで便秘薬を使う事も大事にだそうです。
決まった時間に便秘薬を飲むことで、翌日は自然な形で便意をもよおす習慣が出来たら便秘薬は辞めても良いそうです。

お腹のマッサージを覚える。

むやみにお腹がぐいぐい押して効果がありませんが、お腹のマッサージを覚えてしまうと腸が刺激されて便意をもようすそうです。
食後は避けて、仰向けになって膝を立てて、時計周りにゆっくりとお腹をマッサージをします(強すぎず弱すぎず)
一回5分程度が目安です。

水分を多めにとる習慣をつける。

水分を多めにとりたいと言っても、ジュースやアルコール類のことではなく、最も好ましいのが白湯です。
白湯に抵抗がある人は麦茶やほうじ茶も良いそうです。
一回を500cc程度飲むことが良いそうですが、1日に2000ccくらいに水分をとれると便秘の改善にも繋がるそうです。

こららの簡単な習慣で便秘を改善する事に近づけていると感じます。
これからも地道に続けて便秘を完璧に改善させたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする