青汁は味、成分や効能の機能的な面でも改善された

青汁というとまずいけど体に良いというイメージを持っている人も多いと思います。青汁が有名になったテレビCMでも、うん、まずい。もう一杯。といったCMをしていたので、その印象をお持ちの人いることでしょう。確かに青汁は緑黄色野菜をメインにしてミキサーにかけたものを言います。

その為成分や効能を優先して作られる為味は二の次になってしまいがちでした。しかし最近では味の改良もされ、さらに成分や効能の機能的な面でも改善が図られてきています。

現代の日本人の約半数は野菜不足であるという検査結果もあるほど、現代人は野菜が足りていません。その為青汁といった栄養補助食品で補う必要があります。毎日摂るには味の改善も必要でしたが、外出先でも摂取できりょうな携帯性の改善も必要でした。今では粉末にしたものを水や牛乳に溶かして飲むだけで一日に必要なビタミンなどを摂取できるタイプのものも売られています。

また最近では市販のものに飽きたらず、自分で青汁を作ってしまう人も増えてきています。一般家庭では粉末状のものを作ることは困難なので、野菜や果物などをミキサーにかけて飲んでいます。その為、手間はかかりますが市販品では失われがちな水溶性のビタミンも摂取する事が可能です。

おすすめの青汁レシピはケールを主とした青汁です。ケールの葉を数枚とパセリ、セロリ、ほうれん草を一緒にミキサーに掛けます。これだけだと味が青臭くて飲み続けることが困難になります。

それを改善し、さらに栄養素をプラスさせるためにハチミツを大さじ一杯程度入れます。あとはリンゴを半分とレモンの絞り汁を小さじ一杯程度、飲みやすくする為に牛乳を100ml入れてミキサーにかけます。それでも苦味や緑臭さが気になるようでしたら砂糖を入れるとさらに飲みやすくなります。これで一日に必要なビタミンの半分以上を摂取できます。味もハチミツや牛乳のおかげでおいしく飲めるものとなっています。

体に良いとわかっているけどなかなか手を出せていない青汁ですが、健康に気を使っている人や気をつけようと思っている人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ふるさと青汁は痩せない?本音の口コミ!